おかげさまで当選させて頂きました。

《2011年9月11日》
大激戦の選挙戦

おかげさまで当選させて頂きました。

皆さんの思いを強く心にもってこれからの4年間働かせて頂きます。

 

911日投開票された県議会議員選挙で大激戦でしたが当選させて頂きました。

選挙戦のなかで、自分の思いを毎日15回 街頭演説で何度も述べさせて頂きましたが、その思いを強くもって、これからの四年間精一杯働かせて頂きます。


(選管終了)

【注】名簿は得票順。市町村の得票数は小数点以下切り捨て。得票率・投票率は小数点第3位を四捨五入。

(2011.9.12)

デーリー東北号外
デーリー選挙号外.pdf
PDFファイル 1.3 MB

清水、小泉氏は会派入りせず 県議会・・・岩手日報より


   改選後の県議会(定数48)の会派構成で当選した無所属4氏のうち、久慈選挙区の清水恭一(60)、二戸の小泉光男(54)の両氏が当面どの会派にも所属しない意向であることが13日分かった。陸前高田の佐々木茂光氏(53)は「非民主」の立場で活動を行う方針で、民主党会派の単独過半数(25議席以上)確保は微妙な情勢となった。

 清水氏は、岩手日報社の取材に「当面はどこの会派にも属さない」とし、小泉氏も「既存政党の会派に加入することは考えていない」と述べた。佐々木氏は「民主会派は考えていない」と語り、自民などへの会派入りは明言しなかったが、非民主で活動する。

 花巻の名須川晋氏(43)は既に民主党会派に入る意向を示している。

 これに伴い、民主会派は23人にとどまり、今後は清水、小泉両氏の動向が鍵を握りそうだ。

(2011/09/14)