末日聖徒イエス・キリスト教会の米国サイトから

下に翻訳分あり

原文リンクは下記から

Church News and Events

フォームの終わり 

  

Priesthood leaders stand in front of three vehicles donated by the Church in Kuji.

Church Donates Fishing Equipment to Japan

Article Highlights

  • ·        
  • ·        
  • ·        

“For us who received the shock of this great disaster, the donation today from your church is a reassuring act of kindness.” —Kenichiro Saikachi, head of the Kuji fishermen’s cooperative

Related Topics

Related Links

One day shy of eight months after the earthquake and tsunami in Japan, on November 10, 2011, Elder Koichi Aoyagi of the Seventy, Second Counselor in the Asia North Area Presidency, together with priesthood leaders and Church staff, traveled into a remote area along the coast of Tohoku, Japan, and presented equipment and supplies to the devastated fishermen in that region, adding to the support already given by the Church in other villages.

The donations, in addition to almost 22,000 Church-sponsored volunteers who have worked in the region, are part of an ongoing effort by the Church to help the people in Tohoku recover from the March 11 disaster, now referred to as the Great East Japan Earthquake.

Photo Gallery


In the town of Kuji, the Church provided three trucks, 4,500 nets, 3,000 octopus cages, and various other fishing supplies to the local fishermen’s cooperative. Kuji has a population of about 35,000 people with 1,200 fishermen. The fishing fleet was virtually destroyed by the tsunami.

Kenichiro Saikachi, who heads the fishermen’s cooperative, thanked the Church for the donation, saying, “For us who received the shock of this great disaster, the donation today from your church is a reassuring act of kindness.”

The team from the Church then drove 30 minutes down the rocky coastline and made a similar presentation in the small village of Noda Mura, where before the tsunami there were about 4,000 residents. Many died, and most of the houses were destroyed. So was the mainstay of the economy—fishing.

The Church’s donation included trucks with refrigeration equipment and fish tanks, a forklift, a large-volume digital scale, and 70 large containers for hauling the day’s catch. Both the mayor and the head of the co-op were visibly moved by the help they had received from people they had never met before the earthquake brought them together.

The donations to the villages were suggested by Kazumoto Domon, president of the Odate Branch, who had done business with Kyoichi Shimizu, a recently elected member of the Iwate prefectural assembly.

Mr. Shimizu thanked President Domon for his telephone call and his offer to help following the tsunami. Then he expressed his deep appreciation to the people of the Church who had come to the area “as if they were our own brothers and sisters.” He recognized that the humanitarian aid that paid for these donations had come from members all over the world in an effort to help Japan put these villages back on their feet.

In his remarks to the fishermen, Elder Aoyagi told a story from the New Testament.

“When Jesus Christ began to teach the people and establish His Church, He went to the shore and chose Simon Peter, a fisherman, and other fishermen who worked with him to be His disciples,” he related. “They were pure, humble, honest, diligent men. They are the ones who built Christ’s Church on the earth. We feel a special significance in making this presentation to you today.”

Contributed By Conan Grames, Director of Public Affairs for the Asia North Area

 

・・・・・・・エキサイト翻訳・・・・・・・ 

 

 

教会ニュースおよびイベント

 

僧職リーダーは、久慈の教会によって寄贈された3台の前に立っています。

教会は日本へ魚釣り設備を寄贈します

  • ·      20111115
  • ·      人道的援助
    • ·         久慈の町では、教会は3台のトラックを提供しました、4,500枚のネット、3,000個のタコかご、そして様々、他のもの、魚を釣ることは地方の漁業協同組合に供給します。
    • ·         近くの野田Muraでは、教会の寄贈は、その日の捕らえることを強く引くために冷凍設備および魚用の水槽、フォークリフト、大量なディジタル規模および70台の大きなコンテナーを備えたトラックを含んでいました。
    • ·         寄付金を示す際に、年上のコウイチ青柳は、彼の弟子であるためにChristがどのようにシメオンペテロおよび他の漁師を呼ぶか語りました。

「この大きな災害の衝撃を受け取った私たちにとって、寄贈は今日、あなたの教会から親切の心強い行為です。」-- Kenichiro Saikachi、久慈の漁業協同組合の長

日本の地震および津波の後の8か月の、20111110日に、70の年上のコウイチ青柳、アジアの北のエリア大統領職の第2のカウンセラー、僧職リーダーおよび教会スタッフと一緒に、東北の海岸に沿った僻地へ旅行した、日本、また設備を示した、またその地域の荒らされた漁師に供給する、支援を増すこと、既に、他の村の教会から与えられました。

その寄付金は、地域で働いたほとんど22,000人の教会が後援するボランティアに加えて、東北で311日の災害(今大きな東日本地震と呼ばれた)から人々が回復するのを助ける、教会による進行中の努力の一部です。

フォト・ギャラリー


久慈の町では、教会は3台のトラックを提供しました、4,500枚のネット、3,000個のタコかご、そして様々、他のもの、魚を釣ることは地方の漁業協同組合に供給します。久慈は、1,200人の漁師と約35,000人の人口を持っています。漁業船舶は、津波によって事実上破壊されました。

Kenichiro Saikachi(この人は漁業協同組合を率いる)は、「この大きな災害の衝撃を受け取った私たちにとって、寄贈は今日、あなたの教会から親切の心強い行為です」と言って、教会に寄贈を感謝しました。

その後、津波の前に、約4,000人の居住者がいた場合、教会からのチームは岩の海岸線を下って30分を運転し、野田Muraの小さな村で同様のプレゼンテーションをしました。多数が死にました。また、ほとんどの家が破壊されました。経済の大黒柱もそうでした -- 魚釣り。

教会の寄贈は、その日の捕らえることを強く引くために冷凍設備および魚用の水槽、フォークリフト、大量なディジタル規模および70台の大きなコンテナーを備えたトラックを含んでいました。市長および生協の長の両方は、明白に地震がそれらを集める前に、会っていなかった人々からそれらが受けた支援によって移動されました。

村への寄付金はKazumoto Domon(Odateブランチの大統領)によって示唆されました。この人はKyoichi清水(岩手県議会の最近選ばれたメンバー)と取引しました。

清水氏はDomon大統領に通話および津波に続くことを支援する申し出を感謝しました。その後、彼は、「あたかも、彼らが私たち自身の兄弟姉妹かのように」、そのエリアへ来た教会の人々に深い感謝の気持ちを述べました。彼は、これらの寄付金の代価を払った人道的援助が、日本が立ち上がってこれらの村を戻すのを助けるために世界中でメンバーから来たことを認識しました。

漁師への発言では、年上の青柳は新約聖書から話を伝えました。

「イエス・キリストが人々を教えて、彼の教会を設立することを始めた時、彼は海岸へ行き、シメオンペテロ、漁師、および彼の弟子であるために彼と仕事をした他の漁師を選びました。」彼は関係がありました。「彼らは純粋で、謙虚で、正直で、勤勉な人でした。地球にキリスト教会を建てた人はそれらです。私たちは今日あなたへのこのプレゼンテーションをする際に特別の重要性を感じます。」

アジアの北のエリア用公務の寄与されたBy*Conan Gramesおよび管理者

 

教会イベントニュース
教会ニュースおよびイベント.docx
Microsoft Word 83.6 KB