新年度、復旧復興加速年 最大の努力注ぐ!!

岩手にも遅い春が確かに感じられる今日この頃です。

東日本大震災津波の発災から2年が経過し、各地で復興への槌音が高く響いております。新年度(平成25年度)も始まり、復旧復興加速年がしっかりと県民の皆様に実感として伝わるように、最大の努力を注いで参る所存であります。

何よりも岩手(地域)の経済と産業「なりわい」が、力強く成長していくことが求められております。中小企業者の再建支援策などさらに強化するなど、地域課題を少しでも前へ前へと進めていきたいと思います。

 皆様の一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

清水恭一